精神科・神経科・カウンセリングとの違いは?

心療内科はあくまでも内科

心療内科、精神科、神経科など、こころの問題を扱う医療機関は色々ありますが、その違いをご存知ですか?似たものにカウンセリングなどもあって違いがわかりにくいですよね。実際に具合が悪くなった時に、どこに通ったらいいか迷わないように、それぞれの違いを知っておきましょう。心療内科はこころの問題が原因で起こる体の不調(心身症)を治療する医療機関です。例えばストレスが原因の胃潰瘍、心筋梗塞、喘息、脱毛症などが心身症にあたります。胃痛や頭痛、からだのだるさなど、内科的な検査をしても異常が見られず、ストレスが原因になっていると考えられる場合には心療内科を受診しましょう。治療は主に精神療法と薬物療法によって行われます。

精神科・神経科・カウンセリングとの違い

精神科と神経科は名前が違うだけで同じ意味で使われています。こころを原因とした不調を扱っている点は心療内科と同じですが、からだの症状ではなくこころの症状(精神疾患)を扱っているところが心療内科と異なる点です。不眠、うつ病、妄想などの症状や、アルコール依存、薬物依存の患者の診察を行います。不眠症状には睡眠導入剤、不安症状には抗不安薬を処方するなど、精神科医が薬物療法を行う医療機関です。カウンセリングは臨床心理士などのカウンセラーが、会話などのやり取りを通して症状の改善を図るものです。薬物療法は用いられない点が精神科と異なります。精神科(神経科)は保険適応されますが、カウンセリングは医療機関ではないため保険適用外です。

© Copyright Academy Of Consultation. All Rights Reserved.